メンテナンス   

乾燥する季節になると、手荒れがひどくなる私。
でもセラピストという仕事を選択した以上、
手荒れなんてしている場合ではありません。

年間を通して、
洗い物をする時にはゴム手袋をし、
お出掛け時にも携帯用ハンドクリームを必ず持ち歩き、気になったらいつでもどこでもつけます。
ハッキリ言って手にはかなり気を使っているのです。

だが、しかし!
悲しいかな、そこまで気を使っていても荒れる時には荒れるのです。
そう、季節はいつも冬…。
流石にハンドクリームをつけるだけではどうにもならず、
爪ヤスリが大活躍!!
でも普通の方と使い方が違う所はヤスリを爪に対して使うのではなく、
ササクレ等の皮膚の荒れた部分に使っている所。
あまりやりすぎると皮膚が薄くなり、痛みを感じます。

そんな時に知ったのが、
パーツモデルの第一人者、金子エミさん式ハンドパック。
今年の初めに“ソロモン流”というテレビ番組で金子エミさんの特集をしていた時、
番組内で紹介されていました。
金子エミさんはこのハンドパックを週1度は行ない、角質ケアをされているそうです。

《レシピ》
1、ヨーグルト大さじ1 と あら塩小さじ1を混ぜたもので手を洗う。
2、水で洗い流す。
3、ローションをつける。
4、ティッシュを手の平と甲に付け、ローション(化粧水1:水1)をしみ込ませ、
  指と指の間をハサミで切込みを入れ、指にしっかり巻き付けた状態で3分パック。
  *この時ビニール袋で包み込む
5、ハンドクリームをつける。

パーツモデルの金子エミさんがしている事なら間違いないでしょう!と、
さっそく私もヨーグルトを買ってきて実践してみました。
・・・おぉー!
お塩が指の荒れた部分に対して穏やかにスクラブされ、お肌もしっとりします。
効果ありますね〜。
結局、フェイシャルと同じ事を手にもしているという事ですね。
私はついでにカカトにもやってみました(あ、年代わかっちゃいますね、笑)。

金子エミさんは主婦でもありお子様も2人いらっしゃるのに、
限られた時間の中しっかりとメンテナンスされているのには脱帽です。

継続させるのって、結構大変だけど大事な事ですよね。

私もがんばります。
[PR]

by mari-neco | 2009-02-05 20:21

<< 風邪の予防 春、ですね〜 >>