久々のパン作り   

先日、約2ヶ月ぶりにパン教室へ行って来ました。
今回作ったのは“ダッチパン”と“シュトーレン”です。

ダッチパンはオランダのパンで、
表面のひび割れ部分がパリパリで塩味なのが特徴です。

a0115142_23352865.jpg









私はこのパンが好きなのですが、
いざ作ってみるとなかなか難しいんですよ。
お店で売られているものと比較するとひび割れ部分がずいぶんと大雑把に・・・。
中には何も入っていないのですが、
チーズ等を入れても美味しいのだそうです♪

そしてこちらがシュトーレン。
ドイツのお菓子で、
本来はクリスマスの時期に食べます。

a0115142_23363788.jpg









ちなみに、下の写真は粉砂糖をかける前のもの。
見た目はフルーツケーキです。

a0115142_23393965.jpg









日本でもクリスマスの時期になるとお店ではシュトーレンが登場しますが、
私は今まで食べた事がありませんでした。
表面にた〜っぷりとかかった粉砂糖を見ていると、
「激甘なんじゃないか?」と思い込んでしまい手が出なかったのです。
なので、今回初めて食べてみてビックリ!
生地に砂糖はほとんど入らないので甘さが控えめでとても食べやすいです。
パンとお菓子の中間みたいな感じですね。

ドイツでは5ミリぐらいの厚さにスライスして少しずつ、
約1ヶ月位かけて食べるのだそうですよ。
今年はプロの作ったシュトーレンを食べてみようかなぁ。

今回の夕食は以前ブログでもご紹介したコーンスープとダッチパンの組み合わせにしました。
そしておやつにはシュトーレンを♪美味しかったです。
[PR]

by mari-neco | 2009-08-24 23:57

<< 安心で美味しいケーキ! ネコも暑い! >>