太古の響きコンサート   

昨日の夜は、代々木上原にある MUSICASAで
「太古の響きコンサート」を友達と楽しんで来ました♪

出演は、
ディジュリドゥ KNOB
ネイティブアメリカンフルート Hiro thunder hawk
インディアンボイス Mee Good Sunshine White Shell
小鼓 望月一左
クリスタルボウル はらまゆ魅
ハープ 小倉知香子
         の皆さんです。

あまり馴染みの無い楽器が多かったのですが、
想像以上にハーモニーが素晴しくて楽しめました!

個別での演奏を聞いた事はあっても、
国やタイプの違うそれぞれの楽器が一緒になって、
オーケストラ状態で楽しんだのは今回が初めてです。
開演前はどうなるんだろうと思っていましたが、
まとまりあったのには驚きでした。

MUSICASAは小さな会場なので舞台と客席がかなりの至近距離!
一番近い所で50センチも離れていなかったような…。
a0115142_23231620.jpg
a0115142_23222543.jpg









これは始まる前に撮った舞台です。

最初は小鼓からソロで入ったのですが、
鼓といえば基本的には三味線・太鼓・笛などの和楽器と一緒に演奏される事が多いので、
小鼓だけをこんなに間近で聞くのはインパクトが強いですね。
次第にテンポがアップしてゆくと、
鼓を連打しながら「イヨーオーッ!」というお腹から絞り出すような声を出すのですが、
かなり迫力があって格好良いんですよぉ。
和楽器も良いものだなと思いました。

そしてハープへ、
ハープの音色は心にしみますねぇ・・・幸せで素敵な気分になります。

インディアンボイスはハートをくすぐられるようなとってもやさしい歌声。
そして、ネイティブアメリカンフルートはやさしく素朴な音色が心癒されます。

クリスタルボウルの音は身体への共振がとても心地よくてリラックス出来ます〜。

ディジュリドゥは生で聞くのは初めてでした。
この楽器はオーストラリアの原住民・アボリジニの民族楽器なのですが、
呼吸法がとても変わっているんですよ。
循環呼吸法と言って、口からは途切れることなく息を吐き続け、
それを途切れさせることなく鼻から空気を吸うのだそうです。
つまり、吐いて吸ってを同時に!!
人間ってそんな事出来るんですねー驚きです。

KNOBさんは個性的なアレンジで、
お経を唱えながらディジュリドゥを吹いていました!
この和風なアレンジは、ネイティブアメリカンフルートや小鼓と妙にマッチしていて不思議な感じでしたよ。

後半にはいろんな楽器が入り交じり、
会場内はどんどん気持ち良い空間に変化してゆきます。
私はα波やθ波状態になっていたのかもしれません、眠りに入る手前のような超リラックス状態。

とっても心地良いコンサートでした〜♪

終了後の出演者の方々です。
a0115142_2323563.jpg









皆さん素敵な笑顔!

楽しかったです。
[PR]

by mari-neco | 2009-09-02 23:56

<< メッセージ 安心で美味しいケーキ! >>