物にも意識が!   

物にも意識があるって信じますか?

「ホ・オポノポノ」の著者 イハレアカラ・ヒューレン氏の本を読み、
「ふ〜んそうなんだぁ。」なんて半信半疑で思っていた私ですが、
それを証明するような出来事が起りました・・・。

先日、
もう5年以上も使っていた炊飯器の
内釜のコーティングが結構はげて来たので、
新しい炊飯器を買って帰りました。
今迄使っていた炊飯器は明日のゴミの日には捨てる運命です。
さっそく明日の為にゴミ袋にー。

その日の夜、
水に浸けてあった玄米2.5合を新しい炊飯器で明日の朝の為にタイマーセットしようとした時、
玄米炊きのメモリが内釜に2合までしか刻まれていない事に気付きました。
「!!!」
「うっそ〜。」
今更2合に変更出来ないし・・・。

仕方が無いなぁ。
「最後のおつとめ宜しくお願い!」と、
ゴミ袋に入れた古い炊飯器を再び取り出しました。
ところが、何度タイマーをセットしようとしてもセットする事が出来ない!
「変だなぁ、今迄と同じやり方でやっているのに・・・。」
あちこちいじりながらもようやく3回目に無事セット完了。
「良かったぁ、これでひと安心♪」

そして、次の日の朝ー
炊けているかな?と、古い炊飯器を一目見てぶっ飛びました。
「たっ、炊けてな〜い!」
あわてて炊飯のスィッチをON。
良かった、炊飯のスィッチは生きてた。

なんて事でしょう!
「さては、炊飯器すねたな。もしくは、お役目がもう終わったと思って自ら壊れたな。」
きっとゴミ袋に入れた直後にそういう意識をもったんだろうなぁ。

不思議・・・
でも、これで私は、
物にも意識があるって事を100%信用する事が出来たのです。

炊飯器様長い間ご苦労様でした!ありがとう。
[PR]

by mari-neco | 2010-02-13 01:13

<< 「風邪の効用」 落ち着く場所? >>